読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八戸ウェブサービス業務外日誌

2016年、青森県庁を退職しました。青森県八戸市にて、ウェブライターとして開業。

パラリンピックと精神障害者

 パラリンピックは見ない。精神障害者が、参加できないからだ。はっきり言ってしまえば、身体障害者の大会に、まったく興味はない。

 パラリンピックは、以前は知的障害者は出場できていたが、スペインが不正をして、今は知的障害者の参加が凍結されているそうだ。

 精神障害者も、同じような問題が考えられ、健常者が精神障害者と称して参加する可能性があるから、認められないのだろうか。

 かといって、精神障害者の障害が軽いとか、世間に認められているということではないと思う。

 むしろ、他の障害よりも、差別されているために、パラリンピックへも参加できないのかもしれない。

 僕は、実名で統合失調症を公表しているが、自分の会社の運営上、それはもしかしたら不利に働くかもしれない。

 しかし、体調が悪くなる時もあるし、まあそういう意味では、仕事の確実性はちょっと疑問符がつくかもしれないけれど、困ったことが起こったときに公表するより、事前にお客さんに精神障害のことを知ってもらった方が、僕も安心できる。

 そのために、仕事の受注は減るかもしれないけど、僕はそれでもいいと思っている。

 お金に余裕があれば、僕も何かスポーツをやってみたいと思っている。もしやるならば、何か目標があったほうがいいとも思う。

 今のパラリンピックは、障害者を分断しているのではないかな。

 少なくとも僕は、身体障害者が、社会のいろいろな面で優遇されていると感じる。