八戸ウェブサービス業務外日誌

2016年、青森県庁を退職しました。青森県八戸市にて、八戸ウェブサービスを開業。

主治医からの労働不可能宣告

 主治医との面談で、この先の話になりました。将来的に幻聴が消えても、私の場合フルタイムでの勤務は難しいと思うとのことでした。今やっている在宅ワークも、かなり休憩時間の方が長いですからね。それは、今後もボチボチやっていくとして、本格的にどこかに雇われて働くのは、難しいといわれてしまいました。

 本当は、令和2年度に、国家公務員障碍者選考試験を受けたいと思っていましたが、医師からは不可と。

 しかし、資格勉強は大いにやるべしとも言われたので、今後の生活は、通信制大学と資格試験の準備を柱に、組み立てていきたいと思っています。

保育士、受験勉強開始

 「保育士」の受験勉強を、本格的に開始しました。

 「保育士」は、一発試験での合格を目指します。

 通信制大学でも取得出来るのですが、1ヶ月の実習は、今の病状だと困難なので。

 1発試験の方も、1日まるっと受験は厳しいのですが、科目合格制があるので、1年目は午前、二年目は午後、三年目は取りこぼした科目というふうに、分割して受験することが可能なので、科目合格制をフルに活かして、合格を目指します。

 「保育士」があれば、子育て政策に関心があるように思われると思います。実際の所は、資格がなくても、政策に精通することが可能なのですが、まあ世の中肩書きというのもあると思います。

障碍者特別手当、申請断念

 [障碍者特別手当」ですが、ある社労士のHPでは、障害年金よりも通りやすいとの記載があり、受給申請を検討しましたが、結局市役所に相談の段階で、とても通らないと言うことがわかったので、断念しました。

 精神の受給資格はかなり厳しくて、感触としては、障害年金1級よりも重篤な状態でないともらえないのではないかと思っています。

 そんなわけで、どこが簡単なのだろうと思いつつ、申請は断念しました。

放送大学、学費納入完了

 放送大学、二学期は社会学入門のみ履修。

 卒業研究の提出も迫っており、今年度は卒業研究重視でいっています。

 あと4学期で履修期限が来てしまいます。卒業出来る見通しですが、最後の学期に、単位数の関係で、5科目履修します。公認心理師の学部段階での受験資格をそろえるためです。

 最後の学期、卒業するだけなら1科目の履修で卒業出来るので、1科目でも通ってしまって、1科目でも落としてしまえば、公認心理師の受験資格は取れません。ガッツです!

統合失調症は治りにくい病気ー医師との認識の乖離

 統合失調症は治りにくい病気だと、私は思っています。

 医師がよく書いたり、言ったりしているのは、治りますと言っても、病前のようにバリバリ仕事をしたり、出世競争を戦えるという意味ではありません。

 働けるようになりますと言っても、A型での就労であったり、障碍者枠で年金をもらいながらパート的に働けると言うことで、私にとってそういう働き方は、「働ける」うちに入りません。医師の治る、はお話にならない話なのです。

 このように、たいてい、患者と医師の間には、認識の乖離があります。

 では、どうするか。

 時を待つ、ということの大切さはあると思います。治らないにしても、良くなる可能性はあるのですね。5年、10年単位で考えないといけません。治らないと思っても、絶望してはいけません。10年たてば、特効薬が開発されている可能性もあります。僕自身も、いつかきちんと働けるようになると信じて、資格勉強などしています。

 統合失調症は治りにくい病気だとは思っていますが、治らないとも思っていません。医師的な治るは、話にならないですが、きちんと治る可能性もゼロではないと思っています。

 

 僕自身の今後の展望は、増薬してから幻聴が今のところ無くなったので、このまま元年度は様子を見て、元年度に全く幻聴がなくなれば、令和2年度には、動きます。

 具体的には、求職者支援訓練の受講と国家公務員障碍者選考試験の受験です。

 幻聴がなくなるというのは、症状のウチの一つが消えるに過ぎないですが、最も重い症状であることも事実であり、幻聴がないだけで、かなり普通に働ける可能性は高いですね。

 今の生活でネックになっているのも、結局いつ幻聴が発生するかわからないからだし、とはいえ、今の薬の量で安定的に働けるかというのは、主治医と相談しなくてはなりません。

消防設備士乙1問題集入手

 ブックオフにて、安く、消防設備士乙1類の問題集を手に入れることができました。

 地元八戸で受験出来る数少ない資格ですので、受験したい意向です。