八戸ウェブサービス業務外日誌

統合失調症資格論! 今は主に国家資格を受けています。その他学位取得、懸賞論文、文学賞など

継続は力なり、だがそれは常に正しくはない。

 継続は力なり。このことは事実とは思うが、常に正しいとは思わない。

 継続することによって、能力がついたり、結果が出たりということは、確かにある。僕自身も、ピアノは長く続けているが、下手なりにそこそこ上達してきているし、資格免許の勉強は20代から続けているから、記憶力が衰えるということも感じない。

 しかし、常に継続が正しいことかというと、そうでは無いと思う。ダメだと思ったら、止めるということも、時には必要だ。センスがないこと、やりたくないことを続けても、結果は出ないし、苦痛なだけだ。

 楽しんでできることを継続できることがいいね。仕事でも趣味でも、自分が心から楽しめることをやっている人が強い。自分が楽しいことをやっている人のことを、ずるいと感じるのであれば、それは自分が我慢している証拠。あなたも自分が楽しめることをやれば良い。

 今の学校教育では、たとえば部活を継続することが良いとされている。だけど、スポーツに適性がないのなら、別の道を模索することも必要である。

はずれ

 確率的に言って当たり前の話ですが、前澤氏のお年玉、外れました。

 特別に感慨はなく、完全抽選だったので、文章を練ったわけでもなく、あ、やっぱ外れた?という感じです。

 2段もあるということで、そちらは文を練ってリプライしました。しかし、誰もいいねしてくれません。僕のやりたいことを書いただけですが、一人もいいねくれないとなんかへこみます。

 いいねやリツイートがあって、上位に表示される方がやっぱ有利と思いますので、2段階目もダメかな。

近畿大学通信教育部図書館司書コース検討中

 今月の公募ガイドに、直木賞を受賞された作家さんが、文章修行の一環として図書館司書の仕事をしていたということが紹介されていました。僕も、近畿大学の図書館司書コースを検討しています。昔と違って、eラーニングでできるみたいです。

 

近畿大学

 

 

公募ガイド 2020年 02 月号 [雑誌]

公募ガイド 2020年 02 月号 [雑誌]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 公募ガイド
  • 発売日: 2020/01/09
  • メディア: 雑誌
 

 

統合失調症の患者に読んで欲しい本その1

 幡野広志「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために」(ポプラ社)を読了した。読んでみて、まず、非常に重いテーマだと感じた。ガン患者による、家族論だ。

 NASAの家族の定義が紹介されている。「直系家族」と「拡大家族」だ。「直系家族」とは、配偶者とその子、その子の配偶者までのことを指すようだ。父母や兄弟姉妹は、「拡大家族」の方に分類される。「直系家族」と「拡大家族」では、当然ながら待遇に差がある。ここで著者が重要だと指摘していることは、「直系家族」は自分で選択できるということだ。

 恋人や配偶者は、自分で選ぶことができる。父母や兄弟との人間関係に悩まされているなら、思い切って人間関係を切ることも大切だという。

 一聞すると、冷たい人間のように感じるかもしれない。しかし、死と隣り合わせのガン患者だからこそ、言える重い言葉でもある。

 また、一人の人間は株式会社のようなものだともいう。いろいろな利害関係者がいて、それぞれの思いもある。しかし、過半数、51%の株式は自分で保有しているのだから、いろいろな決断は自分の思い通りにやってよい。

 家族との人間関係に悩む人が、世の中には多いということを知った。私も障碍者だが、私の家族は、私の障碍について理解してくれているし、私の自由にさせてくれるので、恵まれているのかなとも思った。

 

 

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

 

 

自己紹介&取得国家資格一覧

 どーも、僕です。

 簡単なプロフィールを書いておきます。

 1978年青森県生まれ。北海道白老町および宮城県岩沼市で育つ。

 宮城県仙台第一高等学校 卒業・・・学校はサボってばかり。不登校だったのかも

 東北大学経済学部経済学科 卒業・・・公認会計士国Ⅰを目指すが挫折

 厦門大学海外教育学院専科 卒業・・・精神病院退院後のリハビリとして実施

 放送大学教養学部心理と教育コース・・・防災士に関する研究をしました

 弘前大学大学院 修了・・・論文を書くことの難しさに直面

 

 県庁2年目、25才の時に統合失調症になる。以降、現在まで療養生活を送る。平成25年、地獄の精神病棟へ入院。このときのことはいつか小説にしたいと誓う。

 趣味はピアノとファミコンソフト収集。囲碁、将棋を少々。切手・コインも収集。そして、たいした資格は持っていませんが、資格取得です。

 

※取得国家資格一覧

1 H11.8.12 乙種第四類危険物取扱者
2 H11.8.12 丙種危険物取扱者
3 H14.12.4 宅地建物取引主任者
4 H16.11.15 初級システムアドミニストレータ
5 H17.9.12 第一種衛生管理者
6 H20.2.28 乙種第一類危険物取扱者
7 H20.7.11 乙種第三類危険物取扱者
8 H20.12.3 乙種第五類危険物取扱者
9 H21.1.29 二級ボイラー技士
10 H21.5.26 基本情報技術者
11 H21.10.1 貸金業務取扱主任者
12 H21.10.27 3級ファイナンシャル・プランニング技能士
13 H21.11.27 砂利採取業務主任者
14 H22.6.30 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人)
15 H22.7.9 乙種第二類危険物取扱者
16 H22.10.25 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計)
17 H23.3.3 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(生保)
18 H23.3.8 乙種第六類危険物取扱者
19 H23.7.13 職業訓練指導員(事務科)
20 H23.8.26 3級知的財産管理技能士
21 H24.1.4 工事担任者DD3種
22 H24.10.9 運行管理者(旅客)
23 H26.10.3 乙種第六類消防設備士
24 H27.3.5 3級金融窓口サービス技能士
25 H28.5.16 情報セキュリティマネジメント
26 H29.7.4 2級金融窓口サービス技能士
27 H30.3.8 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(中小)
28 H30.6.22 第三級陸上特殊無線技士
29 H30.10.22 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(損保)

社会学入門試験対策

 今日、社会学入門の過去問を印刷しました。今日中に1周する予定です。

 放送大学は、過去問でだいたい単位認定試験の対策は住みます。僕自身もそうやって52単位を取ってきました。残り10単位。頑張ります!