八戸ウェブサービス業務外日誌

2016年、青森県庁を退職しました。青森県八戸市にて、八戸ウェブサービスを開業。

障碍者枠就職活動で唯一役に立つ資格

 それは、日本商工会議所主催簿記検定2級です。

 この検定は、就労支援をやっている人の間でも評価が高いです。

 障碍者枠の就職試験の際、毎日元気に出勤できるかどうかが一番重要なので、資格欄はほとんど参考にされないようです。

 しかし、簿記2級の実務ができることは、就職を確実に有利にします。

雑誌 俺! 第三号 刊

 皆様おつかれさまです。

 僕の、僕による、僕のための雑誌俺!ができましたので、ここにUPします。

 1号、2号は、もう閉鎖した別なサイトで発表していました。

 閉じたので、今後はこのホームページで発表したいと思っています。

 

f:id:toushitsu_komuin:20190512200004j:plain

 

アンケート、回収進む。そして、HSK。

 放送大学の卒業研究のアンケート、徐々に回収が進んでおります。

 まあ、現在の所15/43。まあまあいいところでないか。

 問題は指導教授がサンプルが少ないと思っているところ。

 サンプルを増やすアイディアはあるが、金がないため却下。

 何かいい方法ないかな?

 

 6月のHSK申し込みました。

 というのは、締め切り直前に知ったのですが、盛岡市HSKが受験できるようになったのですね。

 以前は受けられたのですが、ネット試験が撤退したときに、仙台市まで受験に行かなくてはならなくなりました。

 ネット試験の代行業者と中国政府でもめたようなことも聞いています。いろいろといちゃもんをつけられたのでしょうね。

 HSKも頑張ります!

うらやむ人生

 県庁を退職したときに思ったことがある。

 それは、県庁の同僚達が、あいつの生き方も有りかもな、と思うような人生を歩みたいということである。

 単に県庁を辞めて落ちぶれて悲惨だというのは、悲しい。

 そういう意味では、今のところ、なんとかなっているのかもと思う。

寝たきり社長さんがMBAを取った話

 以前から注目していた寝たきり社長が、SBI大学院でMBAを取得したらしい。特待生で学費無料で学んだと言うことで、大変うらやましい限りである。

 精神障碍者と違って、車いすというか、身体障碍者の場合、とってもわかりやすい。一目見ただけで、障害があるとわかるからである。そのため、宣伝にもなりやすいので、こういったおいしい話が持ち込まれることもあるのだろう。

 筆者は精神障碍者である。そのことを打ち明けると、助けてくれる人も多い。そういう意味では、世の中捨てたモンじゃないと思うが、どうしても身体障碍者よりは目立たないし、サポートや利用できる資源も少ない。

 僕もMBAは取りたいが、経済的、体調的にピープル大学しか選択肢はないだろう。どこかの通信制MBAで特待生で取ってくれればありがたいが、無理だろうなあ。

 英語はあまり得意ではないので、入学できるかどうか未知数だが、僕は僕の進める道を進もうと思う。

科学院落選

 国立保健医療科学院の研究課程の方、本日郵便が有り、落ちてしまいました。残念です。

 このところ調子が良かったので、ここで科学院に落選したことは、自分を省みる良いきっかけとなるかもしれません。

 とりあえず、継続案件として、放送大学の卒業を目指します。